公営ギャンブルやFXには1日の流れというのがあります

公営ギャンブルやFXには1日の流れというのがあります

 

公営ギャンブルをやる人ならわかると思いますが、1レースから12レースまで1日を通して流れがあります。固い決着で決まることもあれば大荒れが続くこともあります。しかしながら1日中荒れっぱなしだったり、固い人気同士で決まってしまうというのはあまりないように感じます。波を描きながら展開しています。FXも似ていて大荒れのときもあれば比較的穏やかなときもあります。そのときの流れというのは公営ギャンブルと似ていると思います。地方の競馬だと名古屋競馬などは本命で決まりやすいといわれますが、FXでも利益はそれほど出ないが大負けもしないという時間帯があるので、本命党の人は小幅なレンジの時間帯を狙うと良いと思います。

 

競艇の場合は6艇しかいないので簡単のように思えますが公営ギャンブルの中では一番むずかしいです。FXの通貨でいえばポンドに近いものがあるかもしれないです。普段は利益幅が少ないのに荒れてるときに狙うと短時間で儲けたり負けたりしてしまいます。競艇でも本命を狙うと利益は少なく荒れたときにドカンと持っていかれますが、FXのポンドでもその辺は似ていると思います。

 

公営ギャンブルで一番投資に向いてると言われているのが競馬と競輪です。オッズどおりに来るレースが多いので流れを掴めれば勝てるようになります。固い人気が続けば荒れる傾向になりやすいですし、荒れ続けていれば次のレースかその次のレースでオッズが偏っていれば固い決着で決まることが多いです。FXでも1日の流れがあったり、その週や月々の流れがあるので全体的な動きがわかれば迷う心配もなくなります。チャートの5分足で見ていると流れが掴みづらかったのが、日足にしてみたら流れがどちらに向くかわかることもあるので、投資をするなら全体像を把握して流れを掴むようにすると良いです。

 

流れを掴むことで回収率を上げることにつながるので、お金でお金を稼ぐのは公営ギャンブルであってもFXであっても根本的に似たような所があると思います。